「アヒルがみんな」を買取させて頂きました。|マイセンの西洋アンティークの高価買取ならばお任せください。

「アヒルがみんな」

マイセン

マイセン アヒルがみんな|作品番号:#39

●作品名:「アヒルがみんな」
・製作:-
・技法:陶磁器

マイセン 作品の売却をご検討のお客様へ

マイセンの陶磁器は市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。マイセン「アヒルがみんな」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様は是非、アート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

マイセンの作品価値と買取相場

「アヒルがみんな」の作者としても有名で、⾼級磁器の名窯「マイセン」は、中国の磁器や⽇本の伊万⾥を研究し、1710 年、ドイツのマイセン地⽅に誕⽣しました。以来、300 年以上の歴史を持ち、初期は東洋的なデザインの影響もありましたが、1720年頃からは、ロココ調のデザインが主流になります。
剣を交差させた窯印は、時代によって異なるものが採⽤されており、評価を分けるポイントになっています。窯印のない初期のものは⾮常に希少です。「アラビアンナイト」や「真夏の夜の夢」シリーズの⾷器やティーセットは、特に⾼額買取の対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法